AWSのLB(ロードバランサー)を使ったら接続にやたら時間がかかった件について

インフラ
bsdrouin / Pixabay

AWSの設定周りでめっちゃ時間を食ったので共有します。

LBの設定は丁寧にしよう

AWSのサーバーを立てた際に、LBを一つ設定しました。

そしたらSSLでの通信に異常に時間がかかってしまい、長いときは2分以上の時間が接続にかかりました。

解決方法は、こちらのページを参考にしたのですが、私の件についてはアベイラビリティーゾーンを不要に設定をしてしまっていたためのようです。

AWS「ロードバランサーを使うってことは、可用性を上げたいんだよね。だったら2つのアベイラビリティーゾーンに2つ別々にサーバーを立てて冗長化した状態で運用するんだよね!」と思っているので、ロードバランサーの作成の際に、

「ロードバランサーの可用性を高めるには、2 つ以上のアベイラビリティーゾーンからサブネットを指定する必要があります。」

って書いてあるんですね。

だから私もとりあえず2つ設定しておくか!と思い設定しました。

でも、今回私が作成しているサーバーは「冗長化をするかもしれない」 + 「直接サーバーに行くのはセキュリティ的にどうなんよ」って理由でつけているので、今の所インスタンスは一つしか作成していなかったんですねー。

ないよりはあったほうがいいだろうでサーバーの構築はしちゃだめですね笑

反省しています笑

結論、私はロードバランサーについていた不要なアベイラビリティーゾーンを削除してやりました!

ネットで検索をすると、他の所で困っている人たちのほうが多い感触でしたので、インスタンス一個しか登録してないけどLB使ってるぜ!って人以外は他の所から対処法を探ってみてください!!

今日は以上!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました